一般葬について

葬儀には今いろいろな形があります

こんなところにも時代背景というのは流れ込むものなのか、と感じなくもないものの一つとして「葬儀」があります。
日本で昔から行われてきた葬儀といえば、仏式にのっとり、お通夜で始まり告別式を行う、という2日かけて故人を弔いしっかりとお見送りをするというスタイルでした。
宗教によってはそれぞれの場面でどのようなことを、どのような考え方に基づいて行うのかは異なりますが、この一般的なスタイルで葬儀を行う方もまだまだたくさんいらっしゃいますが、そうではないスタイルで執り行われる葬儀も増えてきています。

一般葬について

最も日本でポピュラーでもある「一般葬」というのが、お通夜を行い告別式を行って、火葬場へという流れで行われるものです。
もちろん宗教によってはお経も違いますし、細かな違いはありますが、ごくごく内輪だけでの葬儀をと希望される場合でも一般的には80万円ほどかかるともいわれています。

ですが最近では葬儀社によってはその規模であれば30万円以内で葬儀を執り行うこともできる場合も多くなっているのだそうですから覚えておくのも良いでしょう。
葬儀にお金をかけすぎてあとあとの支払いや生活に追われてしまうというのもなんだか寂しい気持ちがしてしまいますから、お金をかければよい、というものでもないという認識は持ってもよい時代なのではないでしょうか。

最新記事

  • 葬儀には今いろいろな形があります こんなところにも時代背景というのは流れ込むものなのか、と感じなくもないものの …

    一般葬について

  • 初めてのご葬儀にはわからないこともたくさんあります 喪主として、ご葬儀を執り行うということはそうそう経験するこ …

    葬儀に関するよくある質問について

  • 同じ禅宗でも曹洞宗と臨済宗では葬儀にも違いがあります 心づもりを十分にしてから葬儀に参列するということは難しい …

    臨済宗の葬儀のマナーについて