臨済宗の葬儀のマナーについて

同じ禅宗でも曹洞宗と臨済宗では葬儀にも違いがあります

心づもりを十分にしてから葬儀に参列するということは難しいケースがほとんどではないでしょうか。
参加する以上、ご遺族に対しても故人に対しても失礼のないようにふるまいたいと思ってはいても急にやってくる葬儀というのは、できることも限られてしまうこともあるのではないでしょうか。
たいていのことは参列してから周りの会葬者の方々に合わせることでそつなくこなすこともできるかもしれません。
ですが事前に知っておくことができれば、落ち着いて参列することもできます。

臨済宗の葬儀のマナーについて

臨済宗は禅宗であり「故人に戒を授け、正式の仏弟子とするための”授戒”と仏の世界に導きいれる”引導”を中心として葬儀が成り立っています。
在家としては”亡僧”(修行中に亡くなり尊宿”にまではなれなかった”のための葬儀を行うというところまでは同じく禅宗である曹洞宗とも同じ考えに基づいています。
ですが同じ禅宗であっても曹洞宗とも細かな違いが儀式の最中にありますし、地方ごとの習俗も異なってくるのだそうです。
禅宗の葬儀は授戒から始まります。この儀式により仏弟子になることを表しているのだそうです。
焼香の際には観音経、大悲心陀羅尼、楞厳呪などが唱えられておりその間に焼香を行うのだそうですが、焼香の際には額に押し頂くことはせずに一回のみ、香炉にくべるという形式が正式とされているのだそうです。
宗派によっては2,3回繰り返したり、額に押し頂いたり、そうではなかったりと違いもありますから注意しておきたいポイントですね。
より詳細な解説は下記のサイトに記載がありました。
禅宗の葬儀のあげ方は?臨済宗でお葬式をあげる時の決まりと参列者のマナーまとめ